Concept

店内画像

さいたま市緑区の自家焙煎コーヒーのある
隠れ家カフェ ハードボイルド珈琲。

「住宅街のオアシス」をコンセプトとして2012年11月にオープン致しました。
心地よい音楽を聴きながらちょっと優雅なひとときをご提供します。
ごく普通の一軒家を改修して隠れ家的なカフェにしました。日常の雑事を忘れて、音楽好きのオーナーがセレクトした心地よい音楽を聴きながら、豆の一粒にも拘った自家焙煎の美味しいコーヒーを楽しむ、そんな空間を提供したいと思っております。

ハードボイルド珈琲の哲学とは?

「ハードボイルド」という言葉は誰でも知っているけれど、
今ではあまり使われない言葉になってしまいました。
そんな中多くの人が浮かべるイメージといえば、
ハンフリー・ボガードや松田優作といった私立探偵のイメージではないでしょうか。
トレンチコートを纏い、BARでバーボンを飲む男臭い時代遅れな感じ。
そんな彼らの特徴を簡単に分析すると、タフで行動力があり、人情に厚く、強い信念を持っている。

強いこだわりを持ち自分の意志を貫く、たとえそれが独りよがりだったとしても。
自分の愛する人、友人、社会にスポイルされてしまった弱者や仲間の為に最大限の犠牲を払う。
特定の人間への愛や貢献は独りよがりかもしれない、しかしいつか社会への貢献へと繋がるのではないかと信じる。
人に褒められなくてもいい。見返りを求めず、自分をコントロールし日々精進することに喜びを感じ、健康で長くプロとしての道を歩き続ける。

これは現代社会を生き抜くプロフェッショナルにとっても非常に大切なマインドではないかと私は考えます。
コーヒーのプロとしてこの「ハードボイルド」な精神を忘れずにこれからも珈琲道を歩んで行きたいと思います。